BUSINESS

事業案内

快適な空調環境を提供し続けること。
それは、沖縄の健やかな暮らしとビジネスを支え続けること。

沖縄が本土復帰を果たした1972年、わたしたち南西空調設備株式会社は創業しました。
空調や換気、衛生や給排水といった建設設備に関し、設計はもとより施工・メンテナンスに至るまでワンストップで対応。中でも、社名に謳う空調設備に関しては特に力を入れており、世界トップシェアを誇るダイキン工業の特約店にも認定されています。
また、10名もの人数を抱えるメンテナンスチームは、いわゆるメーカーを除けば県内最大級の規模。確かな技術に支えられた定期的な保守・点検が顧客の信頼を産み、10年周期ともいわれる空調設備の入れ替えにも繋がるなど、収益の安定化と標準化にも貢献しています。

わたしたちが取り扱う案件は、戸建てや集合住宅のみならず、オフィスや公共施設、学校や病院と非常に幅広いことも大きな特徴。モノレールの駅舎や巨大商業施設にもわたしたちの技術が活きており、最近復元された首里城の大奥とも称される「御内原(おうちばる)エリア」にも弊社の空調技術が採用されるなど、活躍の幅はさらなる広がりを見せています。

亜熱帯気候に属する沖縄は、1年のほとんどの時期でエアコンが稼働する国内屈指の空調社会。快適な空調環境は目には見えないものの、大人から子どもまでもが一瞬でその善し悪しを感じるという性質を持ちます。ビジネスパーソンが高いパフォーマンスを生み出すこと、学生たちが学びに集中すること、買い物客がゆったりと消費活動に向き合うこと、それら全てに空調が深く関わっているという事実を忘れず、わたしたちの仕事が沖縄の健やかな暮らしを生み出し、ビジネスの発展を支えるという強い自負と責任感を胸に、100年企業へ向かって南西空調設備はこれからも歩み続けます。

PAGE TOP